EntranceHOME初めての方へコラム > 詳細

Yokohama Couple's Cafe aja

初めての方への、
わたくしマスターからのちょっとしたアドバイスや、
カップル喫茶への理解が深まるコラムなど。

健全さと不健全さ
非日常の世界であるカップル喫茶では、
日常生活における立場・肩書きなどは、
まるで意味をなさなくなります。

年齢、学歴、仕事や収入、
地位や名誉などに関係なく、
皆さん、
エイジャのマナーとルールの下において、
平等です。

日常生活を送る上では、
その人がどのような人間であるかの尺度として、
上記のものが使われますが、
でも、エイジャの中に入れば、
そのようなものは、
一切、関係なくなっちゃうんですよね。

社長さんでも、新入社員でも、
億万長者でも、無収入でも、
(無収入の人は、
エイジャになかなか来れないと思いますが…)
みんな同じです。

このように、素のままの状態で、
いろいろな人と親しくなれるというのが、
カップル喫茶の素晴らしいところではないかと、
わたしは思います。

わたしが、

「面白いなあ」

と思うことは、
日常の世界と非日常の世界では、
常識がまったく正反対になることです。

たとえば、
日常生活では、
初対面の人の本名を聞くことは、
普通のことですが、
非日常の世界では、
初対面の人に、いきなり本名を聞くなら、
かなりの非常識な人と思われてしまいます。

そのために、
ハンドルネームというものがあります。

また、
日常の世界において、
初対面で、
いきなりエロ話を振ろうものなら、
頭のおかしい人と思われてしまうかと思いますが、
非日常の世界では、
まったく問題ありません。

というより、
逆に、喜ばれたりします。

なんだか、面白いですよね。

素の自分をさらけ出す場所では、
本名を名乗れず、
素の自分を隠す場所では、本名を名乗れる。

こうなると、
本名のほうが、
じつは、仮名なんじゃないのかって、
思ってしまいます。

どうして、
このような事態になるのでしょう。

おそらくですが、
この文明社会では、
誰もがみんな、
世間には受け入れられることのない、
変態性や異質性を抱えて、
生きていかざるをえないからではないかと、
わたしは思います。

世間において不健全とされる、
このような変態性や異質性を解放できる場所は、
健全に社会を生き抜くためには、
結構、必要なのではないかと、
わたしは思うのであります。

わたしは、
何が健全で、何が不健全なのか、
ときどき、分からなくなることがあります。

自分の中に、
誰もが抱える不健全さ。

これを上手に解放できる人が健全なのか、
それとも、
心の奥に押し込めることが健全なのか。

そもそも、
自分の中の不健全さを、
心の奥に押し込めて、
蓋をすることは可能なのか。

わたしとしては、
たぶん、
それは難しいんじゃないかなって、
思います。

蓋をしたつもりでも、
蓋は勝手に開いて、
出てきてしまうものであると思うからです。

蓋をしてしまった分、
ふとした時に、
勢いよく、飛び出してきてしまい、
自分ではコントロールすることが、
難しくなってしまうことも、あるかもしれません。

そうならないためにも、
自分の中の不健全さを、
適切に、健全に解放してあげることは、
大切なのではないかとわたしは思います。

そして、
長年のエイジャでの営業経験から、
自分の中の不健全さを、
適切に、健全に解放できる人は、
とても魅力的な人だと思うのでした。


HOME