EntranceHOME初めての方へコラム > 詳細

Yokohama Couple's Cafe aja

初めての方への、
わたくしマスターからのちょっとしたアドバイスや、
カップル喫茶への理解が深まるコラムなど。

部族のおきて
16年半の営業を振り返り、
わたしが一番困ってしまう、
お客さまってどんなタイプだろう、
そんなことを考えてみました。

すぐに答えはでました。

それは、

「自分好みの雰囲気でないときは、
何もしなくなってしまう方」

です。

こういうタイプのお客さまが、
一番、困ってしまいます。

カップル喫茶で、
マナーの悪いお客さまというと、

「許可なく、勝手に手を出してしまう方」

というのが、
真っ先にイメージされるかと思いますが、
でも、こういうタイプの方は、
分かりやすいので、
対処することは、
それほど難しいことではありません。

それに、
こういうタイプの方は、
非日常の雰囲気を楽しまれているので、
(楽しまれているからこそ、
そういう行動にでてしまう)
雰囲気を白けさせてしまうようなことは、
それほど多くないと感じています。

それにひきかえ、
自分好みの雰囲気でないと、
何もしなくなってしまうという方は、
どこか冷めたオーラを、
周囲に発してしまったりするものです。

カップル喫茶は、
とてもデリケートな空間ですので、
そのような冷めたオーラは伝染し、
次第に、全体を包み込むようになります。

すると、
ドキドキ、ワクワクの空間だったはずが、
まるでお通夜のような、
寂しい空間に変わってしまったりするのです。

それだけ、
一組のカップルさんの持つ影響力というものは、
すごく大きなものなのです。
(良い意味でも、悪い意味でも)

エイジャでは、そのような、
白けた雰囲気にならないよう、
相互鑑賞の雰囲気を大切にするということを、
皆さまにお守りいただいているのであります。

エイジャには、
片道2,3時間以上かけて、
遠方からお越しになる方や、
1年ぶり、2年ぶりに、ようやく来れたという方も、
頻繁にいらっしゃいます。

そういう方にとっては、
その日を逃したら、
次にいつエイジャに来れるのか分かりません。

だから、
お店といたしましては、
白けた雰囲気にならないよう、
最大限気を付けなければならず、
そのため、
一日一日が勝負だったりいたします。

そういうこともあり、
エイジャの中にあっては、
相互鑑賞の雰囲気を、
大切にするということは、
「部族のおきて」
といっても過言ではないほど、
厳格なものであり、
このおきてを軽んじることは、
村を追放されても仕方がないほど、
重大なことだったりするのであります。


HOME