EntranceHOME初めての方へコラム > 詳細

Yokohama Couple's Cafe aja

初めての方への、
わたくしマスターからのちょっとしたアドバイスや、
カップル喫茶への理解が深まるコラムなど。

ひとつの限定された可能性
「完璧なカップル喫茶なんてない」

というのは、
わたしが口癖のように、
いつも言っていることですが、、
エイジャを好きで遊びに来てくれている方でも、
ほとんどの方が、

「エイジャも、
もっとこうだったら、最高なんだけどな」

と思ってるんだろうな、
そう思って、
わたしは営業しています。

エイジャに対する不満として、
一番多いものは、やっぱり、

「会話が自由にできない」

ということだと思います。

もし誰かに、

「長年、エイジャをやってきて、
一番、大変だったことはなんですか?」

と聞かれたとしたら、
わたしは迷うことなく、

「会話を楽しむことと、ムードを楽しむことの、
バランスを取ることです」

と答えます。

わたしが優柔不断なこともあって、
この問題を解決するまでに、
12年かかってしまいました。

オープン以来ずっと、
常に、
会話とムードのバランスを取ろうと、
悪戦苦闘してきましたが、
12年経ったあるときふと、

「そもそも、
会話とムードのバランスを、
取ることなんて、可能なのだろうか。
それらは水と油のようなもので、
上手に融合させることなど、
どだい不可能なのではないか」

ということに、
長年の試行錯誤の末に、
ようやく気がついたのです。

どうして、気づくまでの間に、
そんなにも長い時間が、
かかってしまったかといえば、
その最大の理由は、
自分自身、お客さまとの会話を、
すごく楽しんでいたからだと思います。

それはいまでも変わりません。

それゆえに、
お客さまにも会話を楽しんで欲しい、
という気持ちが、
ずっとわたしの心の中にありました。

でも、そのことが、
エイジャの営業を複雑なものにして、
そのために、
お客さまにご注意申し上げることが増え、
注意されたお客さまの気分を害してしまう、
ということにもなってしまいました。

そのことにはっきりと気がついてからは、
イベントの開催はいっさいやめ、
通常営業のみの営業にし、
相互鑑賞の雰囲気を大切にする、
ということを、
それまでよりも、一層強く、
押し出すことにしました。

エイジャは、
カップル喫茶での遊び方として、
ひとつの可能性を提示しているにすぎません。

同じカップル喫茶でも、
お店によって特徴はさまざまで、
それぞれのお店に、
それぞれの文化が存在します。

その中で、
人に迷惑をかけない限り、
どのように遊ぼうとも、
そのすべての遊び方が正しい、
そう言えると思います。

また、
カップルさんお二人で楽しむ、
エロチックな遊びは、
カップル喫茶に限定されるわけでもなく、
ハプバーもありますし、
お店に頼らず、ネットを使って、
自分たちで遊び方をクリエイトすることもできます。

エイジャは、
そんな多種多様な遊び方における、
ひとつの限定された可能性にしかすぎないのでございます。


HOME