EntranceHOME初めての方へコラム > 詳細

Yokohama Couple's Cafe aja

初めての方への、
わたくしマスターからのちょっとしたアドバイスや、
カップル喫茶への理解が深まるコラムなど。

一夫一婦制は可能?
お互いにほかの異性には目もくれないで愛し合い、
浮気心なんてまったく起こすことがない、
そんな一夫一婦制は可能なのだろうか、
そんなことを、
わたしは長年考え続けてきました。

そして、
最近出た結論は、
それは可能なのではないか、

ということ。

ただ、その条件として、

「Hしない」

ということがあります。

もちろん、
これはぼくの個人的な考えでしかないのですが、
お互いに、
肉体的な快楽を放棄することができれば、
上記のような一夫一婦制は可能かもしれない、
そのように思うのであります。

どうしてかと言いますと、
「快楽」というものを考えると、
その属性としまして、
「あれも、これも」という性質があると思うからです。

ひとつだけでは満足せずに、
あれや、これやと求めるというのが、
快楽というものの本質だと思います。

食べるのが好きな人が、

「自分は食べるのが大好きなんで、
カツ丼しか食べません」

と言ったり、

音楽好きな人が、

「わたしは音楽が大好きなんで、
メリージェーンしか聞かないんです」

と言ったり、

なんてことは、
聞いたことがないですよね。

でもなぜか、
Hに関しては、
浮気というのは良くないことで、
ひとりの異性で満足することが正しい、
というように、
されてしまっているような気がします。

Hという快楽を楽しみながら、
ひとりの異性で満足する。

ぼくは、これは、

「美味しいものを食べるという快楽を楽しみながら、
カツ丼しか食べない」

というくらい自然法則に反した、
難しいことなのではないか、
そんなことを思うのであります。

でも、
お互いに肉体的快楽を放棄し、
お二人の関係性が、
肉体的関係を超越し、
精神的な一体性まで高まることができれば、
お互いにガマンをすることのない、
本当の意味での一夫一婦制は可能なのではないか、
そんなことを思います。

でも、
俗世間で生きる、
われわれにとっては、
男女の間の肉体的関係を超越することは、
普通、とても難しいことなので、
いさかいや、ごたごた、もめごとを経験することなしに、
男女関係を維持することは難しいのではないか、
そんなことを思うのでした。


HOME