EntranceHOME初めての方へコラム > 詳細

Yokohama Couple's Cafe aja

初めての方への、
わたくしマスターからのちょっとしたアドバイスや、
カップル喫茶への理解が深まるコラムなど。

平等性と差別性
エイジャが、
どうして、
相互鑑賞というものを
大切にしているかと申しますと、
それは、
相互鑑賞だけが、
カップルさんたちの間に、
平等性を確立できると、
考えているからでございます。

人が集まる場所では、
人々の間に序列ができてしまったり、
仲良しグループみたいなものが、
形成されてしまうことは、
ほとんど避けられないものです。

でも、
会話に制限がある、
相互鑑賞の雰囲気においては、
エイジャ歴の長さや、
ご来店回数の多さ、
容姿や年齢の違い、
(容姿や年齢に関しては、
ご入会の段階で、
一定の制限がありますが)
などに関わらず、
皆さん、平等に、
お遊びいただけるのでございます。

そして、
雰囲気づくりにおいて、
お店側の役割は、
お客さまが平等に楽しんでいただける、
この相互鑑賞の雰囲気を
整えることまでとなります。

どのようにして、
整えるかと申しますと、
過度の会話に興じている方や、
ただ見ているだけの方に、
ご注意を申し上げたりする、
という具合です。


相互鑑賞から先の
雰囲気に関しましては、
何かしらのトラブルがない限り、
お店側は関知せず、
それは、
お客さま側の役割となります。

そして、
ここにおいて、
平等性ではなく、
差別性(選択性)が生じます。

と申しますのも、
カップルさんそれぞれに、
好みや趣味趣向に違いがあるからです。

もし、
相互鑑賞から先の雰囲気に関しても、
平等に、
誰とでも、
交流を持たないといけないとしたら、
ほとんどの方は、
恐くて遊びに来られないですよね。

わたしも、
そのようなカップル喫茶で、
働くことには、
何か抵抗を感じます(笑)。

というわけでありまして、
カップル喫茶遊びは、
相互鑑賞においては平等ですが、
それ以上に関しましては、
差別的(選択的)な遊びとなるのでございます。


HOME